Employee Interview
社員インタビュー

2018年4月 新卒入社
コーポレート本部 新規事業開発部 人材事業課
西本 有希Yuki Nishimoto

ココカラ踏み出す一歩
国籍と国境を超えた人材支援へ

原点は、留学で感じた「海外で働きたい」という気持ち

2018年に新卒として入社してから、新規授業部として人材事業に携わってきました。
僕がこのキャリアを選択した原点は、大学時代に経験した留学でした。

大学3年生のとき、親から『今のうちに経験しておくべきだ』と背中を押してもらい、単身でカナダのバンクーバーに留学。
英語は全然得意ではなかったものの、影響を受けやすい性格が幸いしたのか、すぐに日常会話ならどうにか話せるようになりました。

西本「あのときは、 1年しか時間がない中で、とにかく英語をマスターしようと必死でした。親との連絡もすべて英語にしていましたし、日本人の友達もつくらず、日本語で話しかけられても英語で返してました。」

そうして数カ月が経ったころ、ポツポツと友人ができたんです。
留学先のカナダは多民族国家であり、さまざまな文化が融合し合ってできています。
日本とは違った感覚に最初は戸惑いましたが、今まで知らなかった国や文化に触れることで、自分の価値観が大きく変わったと思っています。

西本「自分が当たり前だと思っていたものが、まったく当たり前ではなかったことが衝撃でしたね。文化が違うとこんなにも違うのか……って。カナダでの生活に慣れてしまうと、日本に戻ったときに違和感があるんじゃないかって心配になるくらい(笑)」

もともとは海外になんて興味はなくて。
親から経験のひとつとして提案されて、「じゃあ、行ってみるか」と。
なんとなく海外旅行への憧れはあったものの、留学なんて全く考えていませんでした。
しかし、カナダに来て1年が経つころにはカナダで就職したいと思いましたね。
日本に帰らなければならない日が迫ってくることが、当時は本気でつらかったです。

とはいえ、自分はまだ学生であり、英語力もビジネスで通用するレベルではなかったので、カナダで働くなんて到底難しいことも理解していました。
しかし、留学への一歩がそうだったように、「海外就職に飛び込んでみたい」とも感じていたんです。
両親にも相談しながらいろいろと考えましたが、まずは日本で就職すると決めました。
一番の理由としては、海外インターンで働く学生たちに比べて、そもそもの社会人スキルが劣っていることがネックでした。

まずは日本で力をつけ、いずれカナダに戻ってこよう──。
そう決心して日本へ帰国したのを覚えています。



2019年 新卒入社
インフォトップサービス本部 営業部 営業課
清瀬 穂波Honami Kiyose

顧客と対等に 向き合うために必要なこと

顧客と対等に 向き合うために
必要なこと

ターゲティングされる側から、マーケティングする側に

2019年の4月に入社をしてから今に至るまで思い返してみると、本当にあっという間。
今までの人生の中で一番頑張ったし、一番辛かった。
でも、振り返ってみると「ちゃんと社会人やってるな~」と少し誇らしくも思います。

私がファーストペンギンに入社を決めたポイントはいくつかありますが、そもそものキッカケとしては「マーケティングをしたい」という気持ちからスタートしています。

小さいころから、あるアイドルグループが大好きで。
その“好きなアイドルが出ている ”というだけで、いつの間にかCMや広告を目で追ってしまう……そうなると、さっきまで興味がなかった商品でもだんだんと気になってきて、買っちゃう、なんてことも。

清瀬「広告の持つ力に惹かれて、大学ではマーケティングを専攻することに。そして、勉強して裏側を知っていく内に、まんまとターゲットにされていたなって気付きました。私が好きなアイドルのグッズを買うと、そのアイドルについての広告や情報が出てくるようになるので、さらにそこで買ったりして……完全に良いお客さんですね(笑)」

そうして勉強していくうちに、自分も人を動かしてみたいって思うように。
私のような誰かを、私が発信する情報で動かしてみたらどうなるんだろう?と思ったことがキッカケで、WEBマーケティングに興味を持ち、いつしか極めてみたいとも考えるようになりました。



2019年 新卒入社
ペイメント事業部 信用管理課
飯野 美鈴Misuzu Iino

先輩しかいない環境で 学んだこと

「どんな人たちと働くか」が一番大事

私は、2019年度の新卒社員としてファーストペンギンに入社しました。
現在は決済代行サービス AQUAGATES(アクアゲイツ)を運営するペイメント事業部 信用管理課に所属しています。
サービス利用者からの問い合わせ電話への対応業務を担当しています。

入社から約2年が経過して、ようやく業務にも慣れてきた。
入社当時は電話口で厳しい言葉を受けることも多かったものの、今では他愛のない会話で盛り上がることもできるように。
そこに到達できたのは、周りの仲間がいたからだと思っています。
就職活動をしていたころから、もっとも重視していたのは、“一緒に働く仲間”。
小学生のころから始めたバスケットボールの影響もあり、誰かと協力して進んでいくことが好きでした。

飯野 「就職活動だけでなく、自分の人生の中で何かをするときに、『どんな人とするか』というのをすごく大切にしています。 部活だったら切磋琢磨できる仲間がいるか、というふうに」

仕事をするなら尊敬できる方と一緒に、つまづいた際には相談ができる方と共に、またいい意味でラフな環境で意見を伝えやすい、そんな人たちと一緒に働きたいと思い、就職活動をしていました。
やり方がすべて決まっている環境より挑戦できる環境の方が向いていると思い、最初から大手ではなくベンチャー企業に絞って就職活動をしていました。

飯野 「業界はもともと体育大学に行っていたこともあり、スポーツ関係の仕事に就きたいと考えていました。ですが、小学生からスポーツ一筋だったので、『私ってスポーツの世界しか知らないな』と感じたんです。もっと自分自身の世界を広げてできることを増やしたいなと思い、就職活動を開始しました。



2015年4月 新卒入社
ペイメント部 営業課
建山 浩貴Hirotaka Tateyama

キャッシュレス後進国に、 今こそ一石を投じる

キャッシュレス後進国に、
今こそ一石を投じる

野球少年、夢を見ながら大人になる

僕は、生まれたときから野球をはじめる運命にありました。
祖父の代から野球好きで、父も地元野球チームに関わる身。となると、休日は近所の公園でキャッチボールが当たり前。
誰に言われるでもなく、気づいたときには常に“野球”が側にありました。

幼少期の友だちも自分より先に野球チームに入団。
彼らを追うようにその野球チームに入団。高校に入学すると、当然のように甲子園を目指して野球一色の日々を過ごしていましたが、残念ながら結果は都ベスト32。
しかも、怪我に苦しめられる日々が続き、騙し騙しやってはいたものの、高校野球部の引退と共に、野球への熱い想いが燃え尽きたのを感じました。

大学に入ってからはサークルにも入らず、野球はもっぱら観る専門に。
とはいえ、根っこは野球少年でスポーツ好き。
大学3年生になり就職を意識し出すと、自然とスポーツに携わる仕事をしたいと思うようになりました。

建山 「スポーツ新聞やテレビ局などは狭き門すぎて、あっという間に挫折しました(笑)じゃあ広告系でどこかないかなぁって探して入社したのがファーストペンギン。でも、当初はうちの主力サービスであるアフィリエイトが何かも知らなかったんですけどね」



2016年4月 新卒入社
コーポレート本部 財務経理部 経理課
長谷川 葵Mamoru Hasegawa

営業志望から経理職へ 未経験からの挑戦

営業志望から経理職へ
未経験からの挑戦

父親の姿に憧れ、営業職を目指した学生時代

大学に入ってすぐのタイミングで、父親が企業務めの営業職から自営業になり、自身でお金を管理するように。
そのときの父親の口癖は「数字の見方をわかっている方が将来役に立つ」。
自分自身、将来の道として営業職を検討していたこともあって、元営業だった父親の言葉を素直に受け止め、大学2年生の時に簿記2級を取得しました。

長谷川「でも取得したからといって経理や、会計の道に進む気はなかったんですよ。どちらかというと、営業・コンサル・マーケティング職に就きたいと思っていて。あくまでも数字を見るためのスキルとして考えていました。」

大学4年生になって就職活動も順調、希望していた業界・職種から内定を獲得した。
どれもやってみたいことであり、ひとつに絞り切ることもできなかったため、3年くらいのスパンで転職をし、それぞれ少しずつ、いろいろなことをやってみようかとも考えていたという。

長谷川 「絶対に 3年で転職する、とか 3年も働けば一人前、と思っていた訳ではないです。でも、大体の感覚を掴んだら次に行ってみるのもアリだなと考えていました。そのときは何かを極めるというよりも、ゼネラリストとして幅広くスキルを身につけていきたいと夢見ていたんです(笑)」

そんなときに参加した就職活動イベントで、ファーストペンギンの代表である市之川匡史に出会った。

イベントで「自社の社員の強みは?」と聞かれ各社がくちごもる中、市之川のみが「おもしろいところ」と即答した。
就職活動用に良く見せようとするのではなく、あっけらかんと言い切った市之川を、長谷川は単純にカッコイイと思ったのだ。

そして事業内容を聞いていくうちに、ファーストペンギンが“いろいろなこと”をやっている会社であることを知り、「この会社であれば転職を重ねることなく、いろいろなことに挑戦し、経験を積んでいくことができるのではないか」と、ファーストペンギンに入社を決めた。



2012年4月 新卒入社
インフォトップサービス本部長
松井 さゆらSayura Matsui

「誰にも負けたくない」を原動力に
高みを目指し続けた成長日記

ファーストペンギンとの出会い

2012年にファーストペンギン新卒2期生として入社。
今ではインフォトップサービス本部の副本部長として、チーム全体の統括を行っています。
また、ファーストペンギンの主力事業である”ASP事業”のトップとして、チーム全体のマネジメントや新人育成だけでなく、自ら現場に足を運び、顧客との接点を持つこともあります。

松井「面接でも、『なぜファーストペンギンに入社したのか?』とよく聞かれますが、キッカケは内定者として参加した夏のインターンでした。就職していた当時、営業職だけは絶対にやりたくない!と心に決めて、企画や広報職を志望していたんです。なんで営業職はやりたくなかったのか?それは、性格的に向いてないと思ったので(笑)」

当時は就職氷河期に突入していたこともあり、100社以上受けたけど手応えはない…なんてことも。
受けても受けても不合格の通知ばかりで自信喪失し、「もしかして就職できないんじゃないか……」そんな不安に押しつぶされそうになる中で、かねてから希望していた業界や職種を広げる選択をせざるを得なかったのです。

松井「ぶっちゃけ、自分で行きたいと決めて受けた企業が全滅だったので、人に委ねてみるのもいいかな……なんて思ったんです。それで紹介会社に、良さそうな会社があったら紹介してほしいと伝えて、 1社目に紹介されたのが株式会社インフォトップ(現:株式会社ファーストペンギン)でした。」

今までベンチャー企業はまったく視野に入れていなかったこともあり、全くうまくいくイメージが持てなかったのが第一印象。
こんな中途半端な気持ちじゃ、きっと今までみたいに落ちるだろう、と半ば諦めかけていました。
しかし、気持ちとは裏腹に、そして今までの就職活動が嘘かのように、トントンと内定まで進めることができました。
生まれて初めて、ずっと欲しかった内定をくれたのがファーストペンギンだったのです。

そして内定者インターンに参加する中で、希望業界でやりたい職種に就くことがすべてではなく、まったく違う業界でもやりたいことは叶えられるのだと知り、ファーストペンギンへの入社を決めました。

松井「人生そんなにうまくいくはずもなく、入社してすぐの2012年6月に、関連会社である株式会社インフォトップマーケティング・株式会社インフォトップアカデミーと合併することになり、会社の体制も大きく変わりました。『広報としてこれから頑張るぞ★』なんて思っていた矢先に、まさかの営業に異動の辞令が出たんです。」